2017年11月03日

7度目の大塚国際美術館。

今日は文化の日。
というわけで大塚国際美術館へ。

1711003DSC_1669.jpg

7度目とはいえ、1年半ぶり
以上になるでしょうか。
何度訪れてもやっぱり圧巻。

1711007DSC_1673.jpg

ここがアートの旅のスタート地点。
全長4キロともいわれる
展示スペースをすべて回っても
ほとんど疲れを感じません。

中世の聖堂はこんな可愛いお顔。

1711016DSC_1682.jpg

小4曰く「こんなところに銀行が!」

1711035DSC_1701.jpg

確かにATMと描かれています。
可愛い魚やタコも。

1711030DSC_1696.jpg

「アゾフ海の子供の保護」の一部です。

1711033DSC_1699.jpg

センターホールでは
西洋絵画以外に日本画の企画展示。

1711013DSC_1679.jpg

ポントルモの「十字架降下」。

1711044DSC_1710.jpg

旦那はこの作品に一番リアルを感じるのだとか。

ゴヤの家には家具が置かれていました。

1711062DSC_1728.jpg

雰囲気たっぷりです。

1711065DSC_1731.jpg

ただゴヤの家には
「我が子を食らうサトゥルヌス」があるので
小4はまだ入ったことがありません。
私も子どもの頃見て、ショックを受けた絵。
そうえばルドンの「キュプロークス」も
怖くてたまらなかった覚えがあります。

クラナッハの「回春の泉」は
物語がたくさんあって飽きません。

1711050DSC_1716.jpg

本当にあったらいいのになぁ。

コチラはアテネの学堂。

1711038DSC_1704.jpg

アリストテレスとプラトンが議論中。
地を指すアリストテレスは科学、
天を指すプラトンは抽象を象徴。
アリストテレス、
一度は読んでおかねばならないのですが
なかなか勇気が出ないまま、
ここまで来てしまいました。

今回一番気になったのがコチラ。

1711069DSC_1735.jpg

ヴゥイヤールの「寝台にて」。
寝顔がたまらなく可愛いんです。
我が子のように錯覚してしまいます。

そんなこんなで気がつけば4時間以上、
アートの世界に迷い込んでいました。

帰り寄った淡路島のSAにて。

1711100DSC_1766.jpg

黄昏前の青空と明石大橋の美しさ。
ここにもアートの世界がありました。
posted by れっちの。 at 23:55| 京都 ☀| Comment(0) | お出かけ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする