2017年05月16日

【植物図鑑】ウラシマソウ。

ついに咲いてくれたウラシマソウ。

1704DSC_8478005.jpg

思っていたよりも長い間、
お花を楽しむことができました。

いよいよ花期も終わり。

1704DSC_8946007.jpg

思い切って鋏を入れて植物図鑑へ。

1704DSC_8949010.jpg

漢字では浦島草。
仏炎苞の中にある肉穂花序から伸びる
糸のような付属体が特徴的。
この付属体を釣り糸に見立て「浦島草」、
蛇に見立てて「蛇草」と呼ばれることも。

花言葉は「回想」「注意を怠るな」など。
英語ではcobra lily Urashima。
仏炎苞の形が蛇の鎌首に似ているからでしょうか、
日本語でも同じテンナンショウの仲間に
マムシ草という植物がありますが、
英語でも毒蛇に見立てるのは同じようです。

球根の寿命は5年。
秋になると分球できるそう。
大切に育てて毎年楽しみたいと思います。

ウラシマソウを知ったのは小豆島旅行で。
寒霞渓を徒歩で下る途中、
ハート型に連なる葉を
見つけたのがきっかけです。
帰宅後、写真をもとに植物を特定し
ウラシマソウであることを知りました。
以前にも見たことはあったのでしょうが、
それまでは気に留めることはありませんでした。

これからは緑の季節。

1704DSC_8943004.jpg

今度はハート型につく葉が
目を楽しませてくれそうです。
posted by れっちの。 at 08:00| 京都 ☔| Comment(0) | 植物図鑑 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。