2017年03月08日

【千葉・東京出張】明治大学博物館。

神田神保町の古書店を散策した後、
JRお茶の水駅に向かう途中、
明治大学博物館に立ち寄りました。

1702DSC_7382224.jpg

さすが大都会!大学なのにビル!
広大な敷地に校舎が点在する
関西圏の大学とは随分と趣が違います。
この建物の地下1階が博物館。

1702DSC_7340182.jpg

入館無料。誰でも入ることができます。
実はこの博物館、一度来てみたかったんです。
ご存じの方はご存じだと思いますが
明治大学博物館は別名「拷問博物館」。
拷問具のレプリカの展示で有名です。

展示は大学の学部構成にならい、
「商品部門」「刑事部門」「考古部門」の
3つに分かれています。

まずは商品部門。

1702DSC_7341183.jpg

染めや漆器、竹細工の展示。
制作工程や製品の精緻さに見とれました。

次は刑事部門。
さまざまな捕者道具。

1702DSC_7348190.jpg

手錠や

1702DSC_7355197.jpg

十手の展示も。

1702DSC_7351193.jpg

さらし首の台。

1702DSC_7359201.jpg

はりつけ台。

1702DSC_7360202.jpg

ギロチン。

1702DSC_7363205.jpg

鉄の処女も。

1702DSC_7370212.jpg

実はこのアイアン・メイデンに会いたくて
この博物館に立ち寄りました。
ギロチンも鉄の処女も、
想像していたのより小さくて驚きました。
もちろんすべてレプリカですが
1930年代に国内で復元された年代物ばかり。

展示は刑具だけなのですが
そこにいない罪人の姿を補って
見てしまうから恐ろしいのでしょうか。
だとすればきっと飽和による認知効果。

館内にはボランティアガイドの方が
いらっしゃり、声をかけてくださいます。
この日は考古学についてのお話をうかがいました。

1702DSC_7372214.jpg

説明を聞くだけで
展示品が違って見えてきます。

1702DSC_7377219.jpg

前日の千葉県立中央博物館といい、
明治大学博物館といい、
今までまったく考えたことがなかった
関東の地形や歴史について学んだ2日間。
日本は広いなぁとつくづく思います。

これにて1泊2日の出張は終了。
寂しさと収穫した資料で
胸がいっぱいになりながら
東京駅に向かったのでした。

オマケ。

1703DSC_7451003.jpg

アイアンメイデンの一筆箋を買いました。
でもこれ、使う相手を選ばないと
大変なことになりそうです。
posted by れっちの。 at 08:54| 京都 ☀| Comment(2) | お出かけ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
充実した出張でしたね♪
興味と知識の豊富さに刺激を受けました♪
知らないことを知ることは本当に楽しい♪
きちんとまとめられたレポが私の勉強になっています!
古書店街、先日東京に行ったときに歩きました。
もっぱら古書店街の写真派ですが(*´▽`*)
Posted by suzu at 2017年03月23日 10:01
>suzuさん

古書店街の雰囲気素敵でした!

建物をぐるりと囲むように
屋外にも書棚があってビックリ。

電子化が進んでも紙の本の価値は
絶対に残っていってほしいなぁ。
古書店を歩きながらつくづく思いました。
Posted by れっちの。 at 2017年03月25日 11:06
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。