2017年03月05日

【千葉・東京出張】ラデュレ サロン・ド・テ銀座三越店にて。

出張1日目の夜、ホテルにチェックインした後、
場違いを覚悟しながらも夜の銀座へ。

高級ブティックが立ち並び、
道行く人もまるでドラマのよう。
そんな居心地の悪さに耐えてでも
行ってみたかったお店、
それは銀座のど真ん中、
銀座三越にあるラデュレのサロン。

とっても可愛いサロンの入口は
探さずともすぐにわかりました。

ここはベルサイユかと錯覚するような
可愛らしい店内に案内されて、
窓の外をみるときらびやかな夜の銀座。

ここでシャンパンセット(\1,847)をいただきました。
まず運ばれてきたカトラリー類。

1702DSC_7324166.jpg

当たり前ですがナプキンもラデュレ柄。
一気にテンションが高まります。

シャンパンはオリジナルとのこと。

1702DSC_7323165.jpg

しばらく待ってマカロン到着です。

1702DSC_7327169.jpg

マカロンは2種類をチョイス。

1702DSC_7325167.jpg

マリー・アントワネットとグリオット。
シャンパンを飲みながら
フォークとナイフでマカロン!
なんて世界!!と感動しながら
贅沢な銀座の夜を楽しんだ……

といえばとてもおしゃれなのですが
やはり私には場違い感が半端なかったです。

出張用の普段着とanelloのリュックに
冷たい視線が突き刺さり、
サロンをカフェと言い間違えたり、
シャンパンがオリジナルだと知らなかったり
相変わらずしでかしまくりで猛省。
普段なら、いたたまれない気持ちになり
顔を上げることすらできないのですが
この日は違います。お1人様万歳!
恥をかかせる同行者がいないのが
何よりもの救いでした。

周囲のお洒落な雰囲気と自分とのギャップを気にしつつ、
それでもやっぱりシャンパンとマカロンは美味しくて。
酔いも手伝ってでしょうか、2つの自己像の間を
行ったり来たりで頭の中は大忙しでした。

そんなさなか、ふと翌日訪れる予定の
国会図書館と神田の古書店街に想いを馳せると、
後は何も気にならなくなり心が解けました。
あの資料は複写できるかな。
新しいの、見つかるかな。
図書館カレーは絶対に食べよう。

ああ、私は今、たまらなく自由なのだと、
窮屈なお店で最高のマカロンを頬張りながら
つくづく思ったのでした。
posted by れっちの。 at 23:55| 京都 ☁| Comment(0) | 食べ歩き | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。