2016年11月21日

【植物図鑑】ノースポール。

ベランダで咲き始めたノースポール。

1611DSC_5177050.jpg

一輪挿しに挿してお部屋に飾って

1611DSC_5188061.jpg

楽しんだ後は植物図鑑へ。

1611DSC_5310007.jpg

ノースポール。フランス菊の一種。
冬の寒さにも強いため、
育てやすい人気の一年草。

花言葉は「清純」「輪廻転生」「誠実」
「冬の足音」「高潔」など。

日本語の一般名ノースポール(North Pole)は北極のこと。
白い花が株を覆うようにたくさん咲く様子を
北極になぞらえてこう名付けられたのだそう。
またカンシロギク(寒白菊)とも呼ばれます。

英語ではchrysanthemumという総称のほか、
swamp chrysanthemum、Mini Marguerite
やSnow Daisyなどとも呼ばれるそう。
swamp(沼地に生える)は生息地、
mini(小さな)は花の大きさ、daisyとmargueriteは形、
snow(雪)は花の色と開花時期からの命名でしょうか。

植物図鑑に追加済みだと思っていたのに
意外にもまだ調べていませんでした。

ガーデニングの名脇役、ノースポール。
大きく育つのが楽しみです。

posted by れっちの。 at 23:55| 京都 ☁| Comment(0) | 植物図鑑 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。