2016年11月02日

【植物図鑑】マルバルコウ。

少し前まではあんなに咲いていたのに
気がつけば嘘のように姿を消す―――
季節の移ろいを植物で感じる今日このごろ。

公園のフェンスにて
過ぎ去る季節の名残を見つけました。

2016110201.jpg

ほんのひと月ほど前には
川沿いにたくさん咲いていた
オレンジ色の小さなお花。
アサガオのような合弁花ですが
かなり小ぶりのつる植物です。

1610DSC_4782032.jpg

マルバルコウ。漢字では丸葉縷紅。
「縷」は糸のこと、「紅」は花の色から。
ルコウソウは葉が細く、
糸にたとえられるのだそう。
本種は葉が丸いので「丸葉」とつきます。
別表記では「留紅」と書くこともあるそう。
また、「草」をつけて、マルバルコウソウとも。

花言葉は「情熱」「世話好き」「私は忙しい」「お節介」。
花の色や旺盛な繁殖力に由来するという説も。

英語ではred morning gloryやredstar。
赤い朝顔、赤い星。
いずれも花の様子からの命名。
写真からはわかりませんが、
ラッパ型の花を正面から見ると
綺麗な星の模様が確認できます。

久しぶりに植物図鑑に仲間入り。
実は先日、我が家の小3が
動植物をテーマにした
理科の学習イベントで
全国30位以内に入りました。
「植物図鑑やってたからだよ!
ありがとうお母さん!!」

小3にとっては、ただのシール遊びの
延長だと思っていました。
無理やり趣味に付き合わせて
申し訳ない気がしていたのですが
少しは役に立っていたのかな。
嬉しいひと言でした。
posted by れっちの。 at 23:55| 京都 ☁| Comment(0) | 植物図鑑 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。