2017年08月22日

キモい展。

母娘で訪れた京セラドーム大阪。
アクアリウム展を楽しんだ後は
同じくスカイホールで開催中の
キモい展をのぞいてみることに。

1708010DSC_0446.jpg

ちなみにまさに「キモい」展なので、
虫が苦手な方は閲覧注意です。

まずはキモいトンネルから。

1708063DSC_0499.jpg

頭上注意とありますが
頭上よりも両脇注意です。
なぜかというと

1708060DSC_0496.jpg

ミルワームがぎっしり!
コチラはマタマタ。

1708066DSC_0502.jpg

チリメンナガクビガメ。

1708067DSC_0503.jpg

ちなみにこのキモい展は
徳山水族館や専門学校の協力で
監修されているので、
ただ見た目が怖いだけではなく
まじめに作られているのが
随所でうかがえました。

特に嬉しかったのが

1708070DSC_0506.jpg

マルメタピオカガエル。
最近読んだ両生類の本に出ていて
ぜひとも実物を見てみたかったんです。
つぶらな瞳が可愛くてたまりません。

カイマントカゲ。

1708077DSC_0513.jpg

その姿、まるで恐竜です。
グラデーションも素敵。

さらにコチラは世界最大のヤモリ。

1708089DSC_0525.jpg

こんな大きなヤモリが
ガラスに張り付いていたら
びっくりしそうです。
でも大きなゴキでも
食べてくれそう。

テングヘビ。

1708104DSC_0540.jpg

巨大なクモも。

1708110DSC_0546.jpg

そしてここからが
真の閲覧注意です。

巨大なゴキブリ。

1708113DSC_0549.jpg

これだけ大きいと
ゴキブリというより
カブトムシのような感覚。
ペットになるのも納得。

最後に待ち構えるのは
ゴキブリタワーです。

1708117DSC_0553.jpg

うへぇ!と言いながらも
人気の撮影スポットでした。

さらに生まれてはじめて
知る不思議な虫たちも。
コチラはヒヨケムシ。

1708126DSC_0562.jpg

ウデムシ。

1708123DSC_0559.jpg

カニでいうとハサミにあたる
頭に一番近い1対の脚が
2つ折になっているんです。
クモとタガメとサソリを
足して3で割ったような姿。

このほかにも魚類や
小型哺乳類などの展示もありました。
気持ちが悪いというよりは、
生命の多様性を改めて感じたキモい展。
ひやかしのはずが
新しい発見がいっぱいの
キモい展でした。
posted by れっちの。 at 23:55| 京都 ☁| Comment(0) | お出かけ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする