2017年08月15日

嵐電・妖怪電車。

小4を誘って嵐山へ。
目的は毎年この時期に開催されている
嵐山(らんでん)の妖怪電車への乗車。
今年は8月11日から15日まで。
期間中は夕方から夜にかけて
1日5本の臨時列車が運行されています。

まずは阪急の嵐山で下車。
渡月橋を渡って京福の嵐山駅に向います。

1708008DSC_0338.jpg

さすがお盆休み中。
多くの観光客でにぎわっていました。

京福の駅もすごい人だかり。
乗車券の発売が開始される
発車40分前に到着したのですが

1708010DSC_0340.jpg

すでにすごい人の列。
この時点で定員の半数が
並んでいるのだそう。

間もなくチケットをゲット。

1708014DSC_0344.jpg

とっても可愛いデザインです。
嵐山と四条大宮の間をノンストップで運行。
大人は220円、小学生110円なのですが
妖怪のコスプレをすると50円になります。
可愛い子どもたちのコスプレに加え
レイヤーの姿もありました。

さてそうこうしているうちに電車が到着。

1708019DSC_0349.jpg

レトロ車両に「貸切」の文字。
雰囲気満点です。

車両の中はお化け屋敷。
たとえば網棚には

1708024DSC_0354.jpg

つり革も

1708030DSC_0360.jpg

「お母さん!上見て!!」
といわれて頭上を見ると

1708027DSC_0357.jpg

和洋折衷、妖怪ワールド。
そして間もなく・・・・・・

1708029DSC_0359.jpg

うわっ、目が合った。
さらにこんな妖怪も。

1708036DSC_0366.jpg

あまりにリアルで怖いです。
近い!近いよ……。

1708040DSC_0370.jpg

このほか、ぬらりひょんや
からかさお化けもいました。

泣き叫ぶ子どもたち。
途中下車が許されない、
恐怖のお化け電車です。

中でも一番怖がられていたのが

1708034DSC_0364.jpg

赤鬼。節分のイメージがあるのでしょうか。
もっと怖い妖怪がたくさんいるのに
一番泣き声を浴びていたのは赤鬼でした。

小4は妖怪たちと握手したり
記念撮影したり、と楽しかったもよう。
そうこうしているうちに四条大宮に到着。
降車の時間がやって来ました。

1708046DSC_0376.jpg

さようなら妖怪電車。

1708053DSC_0383.jpg

反対側のホームには
次の乗車を待つ長蛇の列。
大人気のようです。
駅舎を出ると

1708055DSC_0385.jpg

四条大宮の交差点にも妖怪!
妖怪三昧のひとときを堪能しました。

ちなみに妖怪たちは
嵯峨美術大学の学生を中心に結成された
百妖箱という芸術団体がプロデュース。
さすがの出来栄えに納得です。

妖怪電車は今年で11年目とのこと。
いつか乗りたいと思っていた夢が叶いました。
ちなみに小4は見た目よりも所作重視。
目玉が垂れ下がった妖怪がお気に入り。
「かわいい!」を連発していました。

オマケ。

1708004DSC_0334.jpg

阪急の嵐山駅から歩いてすぐのところに
サイクルロードの起点(終点!?)があります。
サイクリングで通るおなじみの場所。
ああ走りたいなぁ〜。ウズウズしてきました。
posted by れっちの。 at 23:55| 京都 ☁| Comment(0) | お出かけ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする