2017年05月05日

山の畑と新緑と。

今日は子どもの日。
母娘で実家方面へ。
父が趣味で続けている
山の畑にお邪魔しました。

前回に引き続き、
ヒヨドリの杖は大活躍。

1704DSC_8824005.jpg

砂利道だって山道だって
ぐんぐん進んでいきます。

頭上では藤が満開でした。

1704DSC_8834015.jpg

コチラは桐の花。

1704DSC_8862043.jpg

父が名前を教えてくれました。

お目当てはイチゴ狩り。

1704DSC_8835016.jpg

ところがまだ少し早かったよう。
かろうじて色づいた実を見つけました。

1704DSC_8837018.jpg

味見してみると
とても甘くてびっくり。
小4も大喜びです。

イチゴがまだ早かったので
マメの収穫をお手伝い。
小4もカメラで写しながら
楽しんでいました。

1704DSC_8851032.jpg

畑の脇で飲み物を飲んだり、
ちょっとした探検をしたり。
父の畑仲間のお友だちに
お話をうかがったり。
山の時間はゆっくりと
のどかに過ぎていきました。

帰り道は木漏れ日の中。

1704DSC_8875056.jpg

近々また来たいなぁ。

自然遊びが好きなのは
小4ではなく私のほう。

特にこの季節、
5月の連休には
思い入れがあります。

子どもの頃は、この時期、
祖母に無理をいって
山菜採りにつれて
いってもらっていました。
自他ともに認める子ども嫌いの祖母。
そんな祖母が、嫌な顔をせずに
いっしょに出かけてくれたのが
嬉しくて嬉しくて。

道すがら口ずさんでくれた唱歌も
山菜採りの穴場も植物の名前も
今では懐かしい思い出です。

山の畑への道で見つけた
サルトリイバラの葉。

1704DSC_8876057.jpg

祖母はこの葉を使って
柏餅を作ってくれていました。
だから私にとっての
柏餅はイバラ餅のこと。

小4も私が祖母を思い出すのと同じように
私の母のことを思い出すのでしょうか。

1704DSC_8887068.jpg

二人の背中に幼い日の自分を重ねつつ、
「私はいつまでたっても、この人の子どもなのだなぁ」と
つくづく思った子どもの日です。
posted by れっちの。 at 21:34| 京都 ☀| Comment(0) | お出かけ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする